看護師のストレス

看護師はとてもストレスの多い仕事です。ただでさえ仕事が忙しいし、夜勤などの体の負担もあります。仕事に慣れないうちは業務と勤務体系の両方でかなりのストレスがかかるでしょう。新人の頃は仕事もわからないことばかりです。それだけでも相当なストレスを感じるのに、さらに今まで経験したことのない夜勤が入ってくると大変なストレスになります。そのストレスに耐えきれなくて看護師の道を諦める人も多いでしょう。精神的にまいってしまう看護師もいると聞きます。ストレスをため込みすぎると自分一人ではどうしようもない状態になってしまう可能性もあります。そうなる前に先輩に相談しましょう。先輩に相談できなければインターネットで相談することもありだと思います。だいたいのことは先輩に聞いた方が早いでしょうが、先輩に聞きにくい人もいるでしょう。そんな人はインターネットを利用すると聞きやすいと思います。匿名でも聞けますし、経験者が親切にアドバイスをしてくれます。解決できる状態のときに解決しておかなければうつ病など自分が病気になり得るのです。せっかく看護師になったのに精神的な病気で辞めてしまうのはもったいないです。看護師は患者や医師とのコミュニケーションも大切なスキルです。自分が精神的にどうにかなる前に誰かに相談するのも大切なコミュニケーションです。ストレスは早めに解決して精神的に安定した状態で働けるようにしましょう。ストレスが溜まって、疲れきっている看護師に看護してもらいたいと思う患者はいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です