看護師はなかなか休めない

看護師の休憩時間は、非常に少なく休憩があると短時間になることが良くあります。看護師は、人があまりいません。看護師は、今医師と同じく人が不足しています。
個人の病院だと午前と午後と夕方に別れています。そのため、休憩は取りやすくなっています。そのため、個人の病院では人数が少なくなっていますが夜勤がありません。
そのため、大きな病院と比べると休憩が取れますがその分事務処理や医師の手伝いなどやることがたくさんあります。逆に大きな病院だと夜勤があり、入院患者の面倒も見なければなりません。そのため、休む時間がありません。夜勤については、体調が崩しやすいことがあります。夜勤は、体力的にも負担が大きく、そして精神的にも負担が大きくなってしまいます。そのため、夜勤の担当になると寝れないことがあります。夜勤の時では、入院患者や救急の対応になります。そのため、いつでも動けるように体制を作らなければなりません。内科や外科、精神科や整形外科など診療科によって内容は違いますが、どの看護師にこのようにいつも大変な仕事で体的にも精神的にも疲れてしまいます。とても忙しくなります。そして、看護師は医療行為に関わる立場になります。医療行為を行うに当たっては、ミスが許されません。大変だと思いますが患者さんや身の回りの人たちのために頑張ってほしいと思います。今は、人不足で大変だと思いますがこれから看護師や医師が増える事で1人あたりの仕事の負担が減るとその分効率よく仕事ができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です